about us products retailer information contact
    concept suolo basic list news
    office suolo O1   note
             
 
NOTE
 
2016.7.1 2016SSよりスタートしたメランジ帆布シリーズ。
スオーロのオリジナルとして倉敷にて生産して頂いております。
イメージの元となったのは昔スイス軍のバッグに採用されてい
た「ソルト&ペッパー」と呼ばれた霜降生地。
もともとメランジは汚れが目立たないように開発されたようで、
帆布バッグには丁度良い技法ではないでしょうか。
トートバッグといえば生成の帆布ですが、ご使用される方に
よっては「汚れが目立つから・・」というお声も少なくありません。
今年SSのグレーメランジは、生成糸とライトグレー糸の構成
で織られているので、メランジ感も程よく抑えられて抜群の
仕上がりになっていると思います。
今年の秋からはネイビーメランジ(左画)も登場します。
こちらはまたグレーとは違った良さがでていますね。
 
2016.1.8 ハンター用のベストをモチーフに、大きな収納力をもたせた
ポケットが特徴のGRIZZLYエプロン。発売から3年が経ち、
たくさんの方にご愛用いただいております。
カフェ、木工作家さん、お花屋さんから美容師さんなど・・・、
スオーロのコンセプトでもある道具としてのエプロンとして
お仕事のシーンでご活用いただいて嬉しい限りです。
それ以外にも、フェスやタウンユースのバッグ感覚でご使用
いただいている方も多くなってきました。もともとはBarbourや
SIERRAの下に重ねるイメージで作っていますので、洋服との
相性もかなり良いかと思います。
素材のリニューアルを重ね、軽さと丈夫さを兼ね備えた薄い
ヘリンボーンは夏場の暑い時季でも問題なくご使用いただけ
るようにもなりました。今回のblackは使い込むほどに
僕の理想へと味わいを増します。
これはうちの職人の愛用品、まだまだ変化していきそうです。
 
2015.7.28 http://www.kholomo.com/ 「MADE IN JAPAN」、その言葉に満足することなく次の時代
を見据えて新しい動きをしていきたい。
今まで微力ながら自分の周りの腕の良い縫い子さんを少しで
も守っていければと頑張ってきました。
近頃は人ももちろんですが、素材に対してもそんな意識が必
要だと強く感じます。
倉敷の帆布、栃木や姫路の皮革だけでなく日本にはまだまだ
沢山の伝統文化があり、すばらしい素材があります。
その意識のきっかけとなったのが衣さんの伊勢木綿シリーズ
でした。今後は弊社地元の尾州の毛織物、西脇の播州織、
など新しい企画が登場予定です。
素材にはもちろん向き不向きがありますが、それを発想や
デザインで超えていくことが我々の使命であると感じています。

 
2014.05.01 J.CREW pick up!
2014年、J.crewがピックアップしてくれたのは
suolo-01「BARREL」。
日本での展開店舗は意外と少ないですが、
わたし自身たいへん気に入っているモデルなので正直うれしいかぎり。上部の筒状ポケットに巻いたブランケットを通した姿が特にお気に入り。CORDURA Nylon と 栃木レザーの組み合わせ、
もちろんナイロンバッグもすべてMADE IN JAPANです。
その他にも、昨年に引き続きJ.crew別注Mail Pouchもございます。(*2014年はJ.crewサイズにリニューアルされています。)
suolo 01 - BARRELL
price : ¥32,000- +tax
color : beige × camel leather,   black × black leather
*「BARREL(バーレル)」とは「樽(たる)」を意味します。
樽状に付いた上部の収納スペースが特徴で、モデル名の由来にもなっています。
 
2014.03.18 SUOLO / O1 「SLOTH (スロース)」

SLOTHとは、ナマケモノを意味します。
そのぶらさがる姿と表情がナマケモノの名の由来。
このモデルはCORDURAナイロン、ポリエステルと栃木レザーを使用して作られています。
斜めがけだけではなく、ウエストバッグとしても使用できます。

price : ¥22,000- + tax
color : beige cordura nylon / camel leather、 black cordura nyalon / black leather
 
2014.02.28 2014年SSの新作「KID(キッド)」。
このモデルは、suoloの定番「Nomad」を小型にしたもので、最小限の荷物でのお出かけに重宝されるのではないでしょうか。 特にこれからの季節には使いやすいアイテムです。
小さいながらも、中は収納しやすいつくりになっております。
「Kid」は子ヤギを意味します。 「Nomad(遊牧民)」の小型版ということもあり、いつも横に寄り添って移動していくイメージで名付けました。
早くも定番化が決まり、既に次回生産の準備に入っております。
suolo Kid
price/¥11,000- +tax
fabric/ 6号帆布(ウォッシュ加工), tochigi leather