about us products retailer information contact
    concept suolo basic list news
    office suolo O1   note
             
       
      
      
      SUOLO CONCEPT
わたしたちの根っ子のさきにあるもの、それは「身近に園(えん)を描きたい」、庭園、菜園、農園...。
単純に流れみたいなものではない、大げさに農耕民族の血なんてものでもない。
ただ、大体の先が見えてきた今だからそちらに向いただけ。
この必然に、あとは土に触れるきっかけだけ、そのきっかけが一つの道具からってこともある。
はじめてラバーブーツが土に沈み、その土の成分を学ぶ、
お気に入りの鋏が届けば、剪定作業にも熱が入る、
雨が降り出せばゴアテックスのフードをかぶり、収穫をやめて読書にふける。
知らず知らず先代の知恵を身につけ、暦を五感でとらえるようになる。
これなら堅苦しい日本人論も無理なく現代人の肌になじむ。
そして、多くの縁(えん)が生まれれば大収穫。
SUOLOは、道具としてのバッグを提案しています。